新 閑話休題  

Geiko and Maiko of Kyoto
Japan
京都芸妓舞妓

©islander 「不定期更新」

2017(平成29)10.192017(平成29)8.1

更新 2017/10/20

閑話休題(2017.7.292015.11.11) 

芸舞妓の見世出しと衿替えの一覧 へ

バリ島への誘い 

閑話休題(2015.11.102000.6.22) へ


ひびのき
日々之記  Day to Day

2017(平成29)

2017/10/20()

本日、東京株式市場で、日経平均株価が14日連騰となった。14日続伸は56年9ヶ月ぶりで、これは歴代最長記録に並ぶ。
週明けのマーケットが楽しみである。

昨日、京都市上京区の上七軒で お見世出しがあった。

 1019() 上七軒梅乃(うめの)見世出し 舞妓 梅たえ(うめたえ)さん

 梅乃より

舞妓 梅たえさん

梅たえどす。宜しゅう お頼う申します!。

男衆と挨拶回りへ。

 期待の新人、大型優良推奨舞妓さんの感あり。

古今より 梅たえざるや 天神の 梅の盛りの 春ぞ待ちなむ  拙作

挨拶回りを終え、屋形に戻る。

 

 

2017/10/17()

午前
京都市東山区 宮川町で、「みずゑ (10/12()15()"公演無事終了のお礼" 挨拶回りがあった。

 舞妓 君とよさん

舞妓 富美芳(ふみよし)さん

舞妓さんが集合して、挨拶回りへ。

  舞妓の、[] 千賀幸(ちかゆき)さん 君とよさん[]

こちらは芸妓さんのグループ

芸妓 ふく兆さん

午後
 
東山区 祗園甲部廣島家(ひろしまや)見世出し 地方(じかた) だん満(だんみつ)さん

 「一力亭」

地方 だん満(だんみつ)さん

同日 午後
 東山区 祗園東富菊(とみきく)見世出し 舞妓 富千英(とみちえ)さん

 「富菊」前。 舞妓 富千英さん

挨拶回りへ。

 

2017/10/11()

 午後京都市東山区 祗園東岡とめ(おかとめ)見世出し 舞妓 文音(ふみね)さん

お見世出し

男衆さんと"挨拶回り"

 舞妓 文音

 祗園白川 巽橋

 新橋通

同日祇園町南側「弥栄会館」ギオンコーナー

京舞  祗園甲部 舞妓 豆珠(まめたま)さん 豆沙弥(まめさや)さん

  舞妓 豆珠

舞妓 豆沙弥 ↑

 

 

2017/10/9()体育の日

宮川町で

 駒屋から、来月初めにお見世出し(予定)の、

[] とし七奈(としなな)さん  とし菜実(としなみ)さん []

 

舞妓 ふく那(ふくな)さん 

舞妓 菊咲奈(きくさな)さん

夕方、舞妓 小梅さん

夜、洛中某所

宮川町より、舞妓千賀遥(ちかはる)さん

同じく宮川町「駒屋」より

来月早々の"見世出し"が待たれる、半だらとし菜実さんと、千賀遥さんのペアで、「祗園小唄」が舞われた。

とし菜実 さん

 祗園町南側で。

先笄(さっこう) 姿の、甲部 舞妓 実佳子(みかこ)さん

先笄の夜

おこぼ鳴る 先笄の夜 しみじみと  拙作

 

2017/10/8()

本日、京都市上京区 上七軒歌舞練場

花街 上七軒の"秋の踊り"

68 寿会 [10/8()12()]を観覧。

 

2017/10/1()

京都市東山区 宮川町

 本日(101)より、昨日までの花簪が替わり、(十月・神無月)の花簪となった。

舞妓 菊弥江(きくやえ)さん

 舞妓 富美芳(ふみよし)さん

花簪は、おねえさん舞妓らしく、一つの大輪の菊である。

姿よし 見目(みめ)また よしの 舞妓かな   拙作

宵、洛中某所

 宮川町 舞妓 千賀遥(ちかはる)さん

桔梗(はぎききょう)  はぎききょう 中に玉草忍ばせて

 夕暮れ(ゆうぐれ)  夕暮れに 眺め見渡す

 

同夜、祗園甲部歌舞練場 弥栄会館ギオンコーナーにて

 祗園甲部 舞妓 豆沙弥(まめさや)さん

 

2017/9/30()

午後、地下鉄・京都駅 コトチカ広場に於いて、コトチカ5周年イベント 舞妓さんの踊りのステージ。

宮川町駒屋よりお越しの、千賀遥さん(向かって右) 千賀すずさん( )

舞妓 千賀遥(ちかはる)さん

舞妓 千賀すず(ちかすず)さん

夕方、宮川町

 舞妓 ふく香奈(ふくかな)さん

 

 

2017/9/26()

 午後、京都市上京区 上七軒 見世出し勝ふみ(かつふみ) 舞妓 ふみ幸(ふみゆき)さん

本年開業の新しい置屋勝ふみさんより、の舞妓さんのお見世出しとなった。

 暖簾が掛けられた勝ふみ

 挨拶回りへ

舞妓 ふみ幸

 屋形の前に立ち、ふみ幸さんの戻りを待つおかあさん(女将)。見ていてなんだかジーンときた。

戻って、「勝ふみ」の前で。

 おかあさんと一緒に

無事、挨拶回りを終えて、屋形の中へと。

 

 

2017/9/24()

午後、京都市左京区みやこめっせふれあい館

芸妓舞台 祗園甲部 芸妓 まめ鈴さん

 京舞井上流黒髪(くろかみ)が観られて良かった。

本日の着物は、紗(しゃ)を重ねた"無双"だと云う。

 

 

2017/9/23()秋分の日

午前、京都市東山区「秋の全国交通安全運動」一環の啓発イベント

円山音楽堂にて

 先ずは、祗園東からお越しの、芸妓 富多愛(とみたえ)さんによる松づくし

♪ 唄い囃せや大黒
   一本目には池の松

 つづいて、同じく祗園東の、富千英(とみちえ)さんによる祗園小唄

♪ 月は朧(おぼろ)に東山

富千英さんは、芸妓の富多愛さんと同じ置屋で富菊(とみきく)。来月中旬、晴れて舞妓さんとしての『お見世出し』を迎える。

 富千英(とみちえ)さん

芸妓 富多愛(とみたえ)さん

 こども達によるバンド演奏

 これより、四条通のパレードに出発。

人力車で芸舞妓さんもパレードに参加

 東大路通 祗園石段下 付近

 

同日、京都市中京区28 高瀬川舟まつり 高瀬川一之舩入(たかせがわ いちのふないり高瀬川一之船入) 付近。

  * ""は船の俗字。

 先斗町より、舞妓の、市照(いちてる)さん(向かって左)市彩(いちあや)さん( )

"高瀬舟"上の舞妓さん

 

 お茶席

 

 

2017/9/20()

 京都市東山区 祗園東 見世出し栄政(さかえまさ)舞妓 涼真(りょうま)さん

 ""となった涼真さんを、""として引く、同じ置屋「栄政」の 芸妓 涼香(りょうか)さん()

屋形より出て、一礼。

涼風(すずかぜ) 待ちて十五の お見世出し  拙作

男衆さんと三人揃っての、挨拶回りへ。

 舞妓 涼真

 

同日、建仁寺 近くで。

 近々、祗園甲部より、地方(じかた)お見世出しの、だん満(だんみつ)さん

『弥栄会館』内「ギオンコーナー」にて。

 ← 祗園甲部 舞妓豆こまさん(向かって左) 小なみさん(同右)

 

2017/9/10()

 九月・長月 花簪、桔梗。

祗園東舞妓 富津愈(とみつゆ)さん

 

 

2017/9/8()

京都市東山区 宮川町にて

 九月・長月 花簪、桔梗。

舞妓 富美芳(ふみよし)さん

芸妓(富美夏さん) 舞妓(富美芳さん

 舞妓 菊弥江(きくやえ)さん  花簪は桔梗。

夜、祗園町。弥栄会館 ギオンコーナー

 祗園甲部 舞妓 佳つ花(かつはな)さん

 

2017/9/4()

京都市東山区 宮川町 夕方

 九月・長月(ながつき)」の舞妓の花簪は桔梗(ききょう)

舞妓 小よしさん

 

2017/8/31()

京都市東山区 弥栄会館 内「ギオン(祗園)コーナー

Night in Kyoto

 Maiko Koeri-san

 祗園甲部 舞妓 小衿(こえり)さん

 

 

2017/8/29()

京都市東山区 宮川町宮川町ビアガーデン

"夕暮れ"を舞ふ 芸妓 ふく兆(ふくちょう)さん

 祗園小唄

舞妓 小はるさん 

 舞妓 とし恵美さん

ご存知!、" 帯よ〜"の決めポージング。

 祗園 花見小路の辺りで (祗園甲部「小田本」の舞妓さん)

 

 

2017/8/27()

今藤佐志郎佐志郎 ゆかた会三味線長唄

京都市東山区  弥栄会館内「ギオン(祗園)コーナー

甲部の舞妓さんや上七軒の舞妓さんの姿も。

今藤佐志郎 師匠( 男性) 宮川町の芸舞妓さんらによる供奴(ともやっこ)

 

 

2017/8/23()

京都市東山区 宮川町   午後

 舞妓 千賀明(ちかさや)さん

 

 宮川町「駒屋」舞妓 とし桃さん 引祝(ひきいわい引き祝い)挨拶回り(8/23)Retirement 引退

 とし桃(としもも)さん

元芸妓の、"とし筋" ねえさん同道で、ご挨拶に。

まぼろしの 芸妓姿に 夢想花  拙作

 鴨東を 去りぬ年百(としもも) 幸あれと  拙作

長いことありがとう! おおきに!

お幸せに!

夕方

  舞妓 ふく珠(ふくたま)さん 花簪は朝顔(八月・葉月)。

舞妓 菊咲奈(きくさな)さん 

舞妓 千賀明(ちかさや)さん

 

2017/8/21()

京都市東山区 洛中某所にて

 宮川町 舞妓 千賀染(ちかそめ)さん

 

 

2017/8/18()

京都市東山区 宮川町にて

  芸妓 田ね文(たねふみ)さん

舞妓 とし桃さん

舞妓 菊咲奈(きくさな)さん

芸妓 ふく愛(ふくあい)さん

 宮川町

京都市上京区 上七軒ビアガーデン にて (室内)

芸妓・地方  勝奈(かつな)さん

 

2017/8/17()

京都市東山区 宮川町にて

  舞妓 ふく那(ふくな)さん

舞妓 小はるさん

 祗園甲部 舞妓 多都葉(たつは)さん(宮川町で)

 

 

2017/8/16()

五山送り火の夜

東山・如意ヶ岳 前峰の"文字"

 

2017/8/14()

京都市東山区 宮川町にて

 舞妓 千賀染(ちかそめ)さん

 

 

2017/8/11()山の日

京都市上京区 上七軒盆踊り

夕方、

  やぐらの上で踊る、舞妓 尚絹(なおきぬ)さん[] 地方 市純(いちすみ)さん[]

踊りの輪

踊りの輪で見かけた先斗町芸妓久桃(ひさもも)さんゑりかへ後、時を経ず、これほど開花した人を寡聞にして知らない。

 北野天満宮 境内 絵馬所 茶店にて。

舞妓 尚あい(なおあい)さん

  舞妓 梅ちえさん

舞妓 尚絹(なおきぬ)さん

京の七夕 堀川会場 開催 8/5()8/11(金・祝)

会場で舞台のある日は、全て上七軒芸舞妓さんによる出演。

  舞妓 尚あいさん

舞妓 梅ひなさん

 舞妓 尚あい

 舞妓 梅ひな

 

 

2017/8/1()

八朔八月一日八月朔日・はちがつさくじつ

京都*五花街(きょうと ごかがい)"八朔はっさくの日"慣習により、毎年この日に芸舞妓による"挨拶回り"がなされ、
                          京の花街を彩る
"夏の風物詩"ともなっている。

   *五花街:祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祗園東、の五つの廓。

祗園甲部(京都市東山区)

 

祇園甲部の舞妓はこの日、他の花街と違って、黒紋付引きずりの正装で、

芸妓もほとんどが、鬘(かつら)に、同じく黒紋付引きずりの正装姿であらわれる。

 

 

 

 

 

 

挨拶回りの為、屋形を出る芸妓さん。

 

 

平素おふく髷の年長舞妓は
今日の様な時には、正式髪型である奴島田(やっこしまだ)を結う。

平素割れしのぶの年少舞妓は、
これは正装用の割れしのぶ髷に結う。

芸妓は原則

 

 

 

 

 

 

途中、路上で行き会った芸舞妓らが挨拶を交わす。

おめでとうさんどす! ねえさん!

"屋形"""の集団で回る時も、年功序列で整然と列を組んで。

 八朔は 夏の花街の ページェント   拙作

先斗町(京都市中京区)

 八朔挨拶回り中の芸妓さん

八朔や そりゃ暑かろう 新暦で   拙作

宮川町(京都市東山区)

 八朔や 舞妓でありし 去年(こぞ)の夏   拙作

挨拶回り中の芸妓さん

 西瓜どす〜

暑おすね!。でも、明るく元気に!。

夕方

花簪(はなかんざし)は、八月 葉月(はづき) すすき

基本、季節の先取りなので。 まだまだ現状は暑くて、すすきには…。

 

↑ この頁の最上部


閑話休題 へ    芸舞妓の見世出しと衿替えの一覧 へ  バリ島への誘い へ  閑話休題

アイランダー E-mail: